自己紹介




春小梅金魚
4月13日天国生まれ
読書と音楽鑑賞が好きな
奇人変人ロッケンロー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

地獄の様な毎日でへとへとなんだバタンキュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
21:01
図書室に行ったら司書さんが利用者の人と話してて。
本選びながらなんとなく話が耳に入ってしまって聞いていて。
二人は恐らく心の病気の話をしていました。
その話をぼんやり、聞きながら私はスゲーな、と思って。
私、病気を患ったりそれを乗り越えた人は、強いと思う。
そういう人達は何らかの苦労を沢山した訳で、そしてだから人の辛い気持ちがよく分かる。
人の話に親身になれる、親身って言葉はなんか他人行事で嫌だな、的確に人の気持ちを察する事が出来るっていうのかな。
相談に乗ってるとか、励まそうって気は全然なくって、自分の話をしているだけなんだけど、相手を楽にさせてあげたり元気にさせる事が出来るんだと思う。
辛さや苦労って自身が体験してる時は苦しいけども、他人がそうなった時にちょっと役に立つくらいの事が出来るんですね。
きっと私にも。
それは努力して身に付けられる事ではないのだけれど。
と、たまには真面目な話をしてみました。

因みに司書さんに貴方は服のセンスが良い、というか自分に合う服をよく知っている、と言われました。
最高に嬉しかったです。

*本の話*
*私は甘えているのでしょうか?(村上龍)
これはかなり、かなり教訓になります。
村上龍はどうしてこういう考え方が出来るんだろう、悩んだ時に是非。
*遺品整理屋は見た!
うん、こういう本好き。
この仕事大変だろうなあ、って思ったよ。笑。
*飢え(群ようこ)
こういう種類の本ってのもあるんだね。
放浪記読んでみようかなあ。
スポンサーサイト
【2007/06/13 21:06】 | 未分類 | コメント(0) |
<<22:11 | HOME | 00:22>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。